So-net無料ブログ作成
検索選択
バトミントン ブログトップ

バトミントン男子「桃田賢斗」選手が、闇カジノを利用していたことが発覚 [バトミントン]

バドミントン男子シングルスでリオデジャネイロ五輪の金メダル候補と見られていた世界ランク2位の桃田賢斗選手(21)と、12年ロンドン五輪代表の田児賢一選手(26)=ともにNTT東日本=が、東京・錦糸町の違法カジノ店で賭博をしていたことが7日、分かりました。


同店は昨年、警視庁の捜査で、経営者や指定暴力団住吉会系組幹部ら店側の6人が逮捕されており、反社会的勢力とのつながりもあったようです。


五輪出場権獲得が確実な状況だった桃田のリオ出場は絶望的となりました。


違法カジノ店での賭博行為を受け、NTT東日本は所属するバドミントン男子の田児賢一(26)を解雇し、桃田賢斗(21)に出勤停止30日の懲戒処分を下しました。

4180.jpg


この問題発覚に関して、有力な説が出てきました。


マレーシア遠征直前、桃田はある人物からの電話を受けた。墨田区内に店を構える年上のスナックママとのキス写真がその筋に出回り、買い取りを匂わせる内容だったという。桃田が関係者に相談したことで、一連の問題が発覚したわけであります。

これは果たして、脅迫か美人局かどちらでしょうか? 


田児賢一選手とともに闇カジノをしていたのは昨年だし、発覚したのは「年上美人スナックママ」との関係写真をバラされるというのはかなり信憑性が高いと思います。

21歳といえば、ある意味性欲もかなり強い年頃だし、バトミントン大会での賞金や収入もあれば、遊んでしまうだろう。


周りの監督とかコーチも、生活指導する必要があると強く感じます。


リオ五輪出場はダメでも、4年後の東京大会にはぜひ参加して活躍してほしいものですね。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
バトミントン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。