So-net無料ブログ作成

韓国でMERSコロナウイルスが感染拡大、その症状とは [医学]

MERSコロナウイルス(マーズコロナウイルス、英: Middle East respiratory syndrome coronavirus, MERS-CoV)は中東呼吸器症候群 (Middle East respiratory syndrome, MERS) の病原体であり、SARSコロナウイルスに似たコロナウイルス(ベータ型)で、2012年にイギリスロンドンで確認されました。



2015年6月16日現在の合計では、1293人感染(韓国180人を含む)、458人死亡。感染地域は2015年5月に主に韓国、中国に広がりました。


肺炎(異型であるので診断に注意が必要)を主症状としており、死亡率が40-50%前後と非常に高い。2002-03年に流行したSARS(サーズ)コロナウイルスとは類似しているものの異なる種類であり、SARSの死亡率は約9%前後でありました。


持続的なヒト・ヒト感染の証拠はなく、ヒト・ヒト感染は一過性に過ぎないと見られています。

多くの患者で通常の肺炎が見られない。また(肺に近い)下気道に感染しやすいところ(受容体)があり、症状が少ないまま突然肺炎になりやすい。


予防には、石鹸による手洗い、マスクの装着、ドアノブやスイッチやハンドルなどの人の触る所の消毒などが有効であります。洗っていない手で、目や鼻や口などの粘膜に触らないようにする必要がある。また、ウイルスの付着しやすいマスクの表面には触らないよう注意する必要があります。



また、病人との接触は控えた方が良いということです。





さて、どのような形をしたウイルスなのでしょうか?

1c7f02f0b38895992a69dcfff9b9621b.jpg
      http://blog.goo.ne.jp/gooblgabe/e/5e1a522b16256046...



典型的なウイルスの形をしていますね。


韓国は、このウイルスの感染拡大を天罰と感じているのでしょうか。つい最近になって、急に日本との友好に積極的になってきましたが。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

エボラ出血熱の症状とは、そしてその末期はどうなるのでしょうか   [医学]

最近世間で話題になっている「エボラ出血熱」とは、どのような病気で症状はどうなるのか、そして末期症状はどのようになるのでしょうか。

エボラ出血熱は、フィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症で出血熱の一つであります。「エボラ」の名は発病者の出た地域に流れるエボラ川の名を取って命名され、ヒトにも感染し、高い死亡率を持つ種類も存在します。人類が発見したウイルスの内で最も危険なウイルスの1つでもあります。

どのような形をしたウイルスなのでしょう?

837deba2.jpg
   http://blog.livedoor.jp/tangomin/archives/10854190...

とても気持ち悪い形をしてますね。


さて、このウイルスに感染すると発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、食欲不振などから、嘔吐、下痢、腹痛などのような症状がでてきます。潜伏期間は通常7日程度(最短2日、最長3週間以上)で、潜伏期間中は感染力はなく発病後に感染力が発現するようです。

進行し末期になると口腔、歯肉、結膜、鼻腔、皮膚、消化管など全身に出血、吐血、下血がみられ、死亡することが多いです。致死率は50 - 90%と非常に高いので、非常に怖い病気と言えるでしょう。

日本ではまだ感染者はいませんが、もし感染した場合には、エボラ出血熱に感染した後に回復した元患者には抗体があるので元患者の血液や血清の投与が唯一の有効な治療法とされています。

患者の血液、分泌物、排泄物や唾液などの飛沫が感染源となったり死亡した患者からも感染することがあるので、この病気の患者が多くいる西アフリカへの旅行等はひかえたほうが無難だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。