So-net無料ブログ作成
検索選択
ボクシング ブログトップ

亀田興毅、韓国で王座防衛 [ボクシング]

19日にボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチが、韓国の済州グランドホテルで行われました。

日本の亀田興毅は、韓国の挑戦者である孫正五を下し、2010年12月に獲得した王座の8度目の防衛に成功しました。

ただこの試合、亀田にとっても孫にとってもあまりしっくりいかないものとなりました。

亀田は前半から苦戦して、5回に右ストレートを浴びてから動きが落ち、10回には左フックを当てられダウンするも、結果的には2対1の判定で勝利することができました。

亀田の勝利がコールされると、地元ファンはブーイングを巻き起こしたそうです。

日本にライバル意識をもつ韓国のことなので、判定勝ちなら発生しそうなことです。

王座防衛の亀田も、やっとの判定勝ちからか、笑顔はなかったようです。

日本のジム所属の世界王者が韓国で王座を防衛するのは、元WBC世界スーパーフライ級王者・渡辺二郎、元WBC世界スーパーフライ級王者・徳山昌守以来、史上3人目となります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ボクシング ブログトップ