So-net無料ブログ作成

新潟県の糸魚川で、大火災が発生しました [事件]

12月22日10時20分頃に、新潟県糸魚川市の中華料理店にて、鍋の空焚きにより火災が発生しました。

市の中心部JR北陸新幹線糸魚川駅の北側に位置し、雁木が連なる商店や住宅など主に昭和初期の木造の古い建物が密集する地域であったことに加えて南からの『焼山おろし』と呼ばれる強風により北の日本海方向に延焼しました。

糸魚川市消防本部から12隊(消火隊9・救急隊等3)が出動したが、火勢の拡大から近隣自治体へ応援を要請することとなり、県外を含む31隊(消火隊25・他6)など43隊が投入され、地元の糸魚川市消防団も50隊が活動を行ないました。

現地では、363世帯の744人に避難勧告が出されました。

折柄の強風による飛び火で火点が分散したことに加えて、応援による多数の消防車の放水で消火用水が足りなくなるなどして消火に手間取り、火元から海岸に向かっての144棟(全焼120棟・半焼4棟・部分焼20棟)を含む約40,000m2が焼損しました。

その結果、消火作業は、同日20時50分の鎮圧まで約10時間半に亘って、翌日16時30分の鎮火まで約30時間を要しました。

人的被害は、消防団員9名を含めて、軽症11名と中等症1名の計12名で、幸いにも死者は発生しなかった。

本火災は、地震や津波による二次災害を除いた延焼による火災の規模としては、日本国内で過去20年間で最大となりました。

大火としては、2003年に栃木県黒磯市(現在の那須塩原市)で発生したブリヂストン栃木工場火災以来の、家屋を巻き込んだものとしては1976年の酒田大火以来の発生となりました。

2016y12m28d_172613668.jpg


新潟県の糸魚川市というと、今や国石となったヒスイの採れる所として、私は関心をもっています。

火元となった場所以外で、自宅や仕事場などが火災にあわれた方々はとても納得いかない気持ちになるのが、よくわかります。

当時の気象条件などもありますが、他の地域でこのような大火災が二度と発生しないことを、願っています。

国家や新潟県が、大火災に会われた方々の住むところや食事などを手厚く保証してくればいいですね。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

天皇の生前退位の問題点とは、どのようなものなのか [政治]

 ここ最近、天皇陛下が皇太子さまに天皇位を譲る「生前退位」の意向を示されていることが、宮内庁関係者の話で明らかになっています。

同庁は近く天皇陛下の意向を公表することを検討中だが、現行の皇室典範は天皇の譲位を認めておらず、法律の改正が必要となる。

関係者によると、陛下は数年前から生前退位を要望され、同庁で内々に検討を進めていたという。

近世以前は天皇の生前退位が頻繁に行われていたが、明治時代に制定された旧皇室典範で不可能になった。戦後に制定された現皇室典範も同様に天皇の譲位を認めていない。


天皇が未成年の場合や重大な病気などで国事行為ができなくなったときは、皇室典範第16条で「皇室会議の議により、摂政を置く」とされている。摂政は天皇に代わって国事行為を行う。就任の順序は皇位継承順位とほぼ同じです。


現行法では天皇位を「譲る」場合、まず摂政を置くことが手順だが、生前に皇太子さまへの譲位をするためには国会で皇室典範を改正しなければならない。

生前退位は近代以降の天皇制の仕組みを変える重大な変更になるため、国民的な議論が必要となる。本来は国民の側からの発議で検討するのが筋だが、宮内庁が生前退位について発表を検討しているということは、天皇陛下の意向がかなり強いとみられる。


ところで、このような議論が長引いているのは、皇室典範を簡単に改正してしまうと、将来、元気なうちから天皇位をあっさり譲ってしまう人がでてきてしまうからではないでょうか。 79歳までは適用できず、80歳から認められるなど年齢制限をするといいかもしれませんね。

o0800041813698588473.jpg


私は、「天皇の生前退位」に関しては賛成したいと思います。

天皇と言えども人間だし、80歳を越えてくれば、持病のいくつかを抱えなかなか行動しずらくなるでしょう。

公務でいろいろな所に行かれ、規定の仕事をするのも、大変になってきていることだと思います。

会社だって定年もあるし、早くまだ若い皇太子に天皇の位を譲り、ゆっくりするべきです。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東京、埼玉などで11月度に、初雪がふりました [天気]

先月の11月24日、1月上旬並みの寒気が流れ込んだ影響で、東京都心、埼玉など、関東・甲信地方の各地で初雪、積雪が観測された。気象庁によると、都心では午前6時15分ごろに初雪を観測、午前11時に積雪を確認した。


11月の積雪は1875(明治8)年の統計開始以来初めて。初雪は1962(昭和37)年11月22日以来、54年ぶりで、9番目の早さだった。都心の気温も午前9時すぎに0.9度と今季最低を記録した。


 水戸▽宇都宮▽前橋▽埼玉県熊谷▽横浜▽甲府--などの各市でも初雪が観測された。


この雪の影響で、転倒や交通事故などによる負傷者が相次いだ。東京消防庁によると、24日午前8時ごろ、東京都小平市の路上で、歩行中の40代男性が足を滑らせて転倒し、右手首を骨折するなど、都内で計6人がけがをした。


 このほか、埼玉県で6人▽神奈川県で3人▽千葉県で2人▽群馬・栃木県で各1人--が重軽傷を負った。車のスリップなどによる交通事故も、神奈川県で15件▽山梨県で8件▽群馬県で6件▽栃木県で2件--あった。


公共交通機関にも影響が出た。沿線の木の枝が雪の重みで垂れ下がった影響で、JR中央線は高尾-甲府間の上下線で一時運転を見合わせ、「スーパーあずさ」などが運休した。小田急線や西武新宿・池袋線、京王線、東京メトロの一部路線でも遅れが出るなどした。

jnl1611240001-f2.jpg


私の住んでいる埼玉県入間市という所は、東京の瑞穂町に隣接しています。

そのため、まず東京とか東京都心で雪の予報がでれば、まず間違いなく雪が降ります。

用事で東京都心から帰るときにも、都心で雨が降っていても電車に乗っていると、多摩地方から埼玉県に入るころには雪が降り始めていることは多くありました。
 
今回の11月24日の初雪でも、見た感じで3~4㎝程度は積もっていました。

11月という早い時期に初雪になるということは、厳冬になるということでしょうか。

できれば、今年の冬は雪の回数も少なく、暖冬になってほしいものです。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。