So-net無料ブログ作成
検索選択

タイのプミポン国王が死去し、その影響とは [世界]

タイのプミポン国王(88)が10月13日に死去し、邦人社会にも動揺が広がっている様子です。


その影響とはたとえば、1年間に及ぶ服喪期間に経済活動が停滞しかねないとの観測も広がっています。


タイには日本の製造業が集積し、約4000社以上に上る日系企業は対応に追われているようです。


トヨタ自動車やホンダなどの自動車メーカーが工場を構えるほか、取引先である中小の日系自動車関連企業も多い。一部の企業は経済活動の停止を見越して生産量を増やすなど死去前から対策を取っていたようですね。


ある日本人は「今後は政治対立の再燃などで国が混乱に陥る恐れもあり、ビジネスが順調に行えるか見通せない」と不安を口にする。


タイには東南アジア最多となる6万人超の邦人が住むほか、旅行出張で訪れる人も多い。しかし、日本人向け飲食店が軒を連ね、普段は駐在員や出張者でにぎわう首都バンコク中心部の繁華街「タニヤ」は13日夜、閑散とした。


タイ王室が9日に「国王の容体が不安定」と発表して以降、不測の事態に備えて、日系スーパーでは生活必需品を買い込む日本人主婦の姿もあった。


タイ国日本人会の島田厚会長は「現地の日本人の代表としてタイ国民にお悔やみを申し上げる」とした上で、服喪期間となる今後の企業活動やイベントへの影響について「どうなるか予想できないが、タイ政府の取り決めに従うしかない」と述べています。


早く、経済活動等がもとのように復旧することを願っています。

img_78bb229f53b2ee58f0f3b480fb8d80c6362216.jpg




このタイのプミポン国王は、国民に愛され評判のいい国王だったと思われます。


タイに限らず、さまざまな国で歴代の国王となった人には、国民のことを考えずに自分がいい思いしたり、ハーレムまがいのことをした人物もいるようです。


プミポン国王は、こんなことはしなかったでしょう。


次に国王になる人物も、プミポン国王以上の人になるといいですね。



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今年のノーベル医学生理学賞に、日本人として大隅良典先生が選ばれました [科学]

2016年のノーベル医学生理学賞は、細胞が自ら持っているタンパク質を分解してリサイクルする「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明した大隅良典(おおすみ・よしのり)東京工業大学栄誉教授(71)に贈られました。


生き物の身体を構成する細胞の中身は、日々入れ替わっている。オートファジー(自食作用)は不要物などを分解し、リサイクルしながら生命活動を維持する細胞内の働きです。1960年代にこのメカニズムは発見されていたが、詳細は解明されていなかった。



大隅氏は東京大学助教授だった1988年、酵母を栄養不足の飢餓状態にして経過を見る実験で、液胞と呼ばれる小器官でオートファジーの過程が起こっていることを顕微鏡で観察。その後、飢餓状態にしてもオートファジーを起こさない酵母と正常な酵母を比較することで、93年にオートファジーを起こす遺伝子を突き止めた。



日本人(外国籍含む)のノーベル賞受賞は25人目。14年の物理学賞(青色発光ダイオードを開発した赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏)、15年の医学生理学賞(寄生虫による感染症の治療薬を開発した大村智氏)、物理学賞(素粒子ニュートリノの振動を発見した梶田隆章氏)に続き3年連続となった。


25人の内訳は物理学賞11人、化学賞7人、医学・生理学賞4人、文学賞2人、平和賞1人であります。


ところで、大隅氏はどのような経歴をもつ方なのでしょうか?


1945年、福岡県生まれ。東京大学教養学部卒業後、米ロックフェラー大研究員などを経て、1988年東京大学教養学部助教授に。基礎生物学研究所(愛知県)、総合研究大学院大学などで教授を歴任。2014年に東京工業大学の栄誉教授となった。

120625.jpg


私は大学時代に生物物理の分野の研究をしていたので、タンパク質や遺伝子DNAという言葉には、とても馴染みぶかいです。


今回の受賞のもととなった「オートファジー」理論は、初めて知りましたが、あらためて生物や細胞のシステムの奥深さには驚かせられました。


今回の理論も単なる原理追及だけではなく、さまざまな病気や難病の治療に大きく貢献されれば、すばらしいですね。




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。