So-net無料ブログ作成
検索選択

舛添要一都知事が辞職し、その理由とは [政治]

都知事である舛添要一氏が、6月21日に辞職しました。


6月14日の時点では「辞職しない!」と頑なだったのにも関わらず、次の日の15日になって辞職を決断したのかというと、やはり最大の後ろ盾である自民党が不信任案の提出を決めたということが決め手だったようです。


このことで不信任案の可決が避けられない状況になったことで、これ以上都政の混乱を招くことは出来ないということから、自ら辞職を選んだと思われます。それと、やはり不信任案によって辞めさせられるよりも自らの意思で辞職することを選んだものと見られています。


結局、舛添要一氏は2年4ヶ月で辞職することとなりました。


キッカケは週刊文春によるスクープであり、まずは高額な海外出張費でした。その後、公用車でほぼ毎週末、湯河原の別荘に通っていたり、政治資金を家族旅行のホテル代に使用したりと、さまざまな私的流用疑惑が次々と明るみになってきました。それでも初めのうちは「すべてルールに従ってまして、全く問題ありません!」とこれでもまだ強気な姿勢でした。


都議会でも辞意を求める追求があり、都庁にも講義の電話が殺到します。そういう背景もあって法律的な問題よりも、道義的な信用を失い、今回の辞職に追い込まれたのでした。

AS20160615003786_commL.jpg


舛添さんといえば、若い頃テレビのクイズ番組等によく出ていて、私としては憎めない人物であると考えていました。


しかし、任期中の海外出張費で合計億単位の予算を使っていたり、公私混合まがいの予算使用などで、イメージダウンしてしまいました。


おそらく、政治家が美味しい商売だと味をしめてしまったのではないでしょうか。


なぜ、私がこんなことを言うか


今から30年近く昔、私がまだ20代のとき、全く別の場所で別の60代の人に「政治っていうのは、あれは一つの道楽なんだ!!」と言われたことがあるからです。


当時私は、政治のような重要な仕事を道楽でやってもらっては困ると思いました。


でも、今50代半ばの年になって、当時60代の人の言っていたことがわかるような気がします。


次の都知事になる人は、しっかり正義感を持った人を選んでもらいたいですね。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

火星が地球に最接近し、その時間とは [科学]

地球の隣にある惑星、火星が5月31日、地球に最接近しました。
「スーパーマーズ」とも言われ、今回は中接近ですが最近10年間で最も近い距離になっています。


太陽系で隣り合う火星と地球は、太陽の周りを回る周期の違いからおよそ2年2か月に1回、接近します。ただ、地球の軌道がほぼ円形なのに対して、火星の軌道がだ円になっていることから、火星と地球との距離は、接近するたびに変わります。


国立天文台によると、火星は5月31日、地球に最接近し、今回はおよそ7500万キロまで近づきました。
火星の明るさは1等星のおよそ15倍の「マイナス2等星」くらいになるとみられ、地球から見える火星の見かけの大きさも、ことしの最も小さいときと比べて直径がおよそ3倍になります。


ところで、望遠鏡で観測したとき一般的に、接近したときでないと火星表面の模様は見えないのです。


これから1週間程度は、天候に恵まれれば、いつもより明るく大きい火星が一晩を通して、都市部でも肉眼で見ることができるということです。

国立天文台によると、次に火星が地球に接近するのは、2年後の2018年7月31日です。


このときの地球との距離は、今回の4分の3となるおよそ5700万キロにまで迫り、火星の見かけの大きさは、今回と比べて直径がさらに1.3倍にもなる、まさに「大接近」になるということです。

48404638e7e0c-0a4b-4447-94a1-e51c7adaf618_m.jpg


最接近したのは5月31日ですが、ここ2~3週間くらいは地球に接近しています。


晴れた夜の8時過ぎ以降、南の空に目をやってもらえば、明るくオレンジ色に光る火星に気づくはずです。


私も天文アマチュアなので、所有する口径20㎝の天体望遠鏡で何回か観測いたしました。


シーイング(大気の流れ)がよくなった瞬間は、はっとするほど表面の模様などがよく見える感じです。


ちなみに、双眼鏡では表面の模様などを見るのは無理で、望遠鏡でないと丸く見えてきません。


今回の接近は中接近ですので、あと2年後の2018年度の大接近に期待しましょう。

タグ:火星 最接近
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース