So-net無料ブログ作成

北の湖理事長が死去、その死因とは

相撲の北の湖理事長が、2015年九州場所が開かれているさなかの11月19日夜に持病の貧血の症状を示しました。


翌11月20日朝に救急車で福岡市の済生会福岡総合病院に搬送されて入院し、点滴治療などを受けていたが、直腸癌による多臓器不全のため同日午後6時55分に死去しました。


62歳没です。現職の日本相撲協会理事長の死去は1968年の時津風定次理事長 に次いで2人目であり、本場所中での理事長の死去は大相撲史上初でありました。


北の湖の死去により八角(元横綱:北勝海)事業部長が理事長代行に就任しました。




北の湖さんとは、どのような生い立ちなのでしょうか?

1953年(昭和28年)5月16日、有珠郡の農業協同組合の家で8人きょうだいの7番目、四男として誕生しました。

幼い頃から食欲旺盛だったことから堅太りであり、特に小学校6年生からの成長ぶりが著しく、12歳の時に身長160cm強、体重60kg程度の体格だったものが、13歳の中学1年生の時点で、既に身長173cm、体重100kgに達していました。

恵まれた体格であってもただの巨漢ではなくスポーツ万能、特に柔道には滅法強く、中学1年生で初段となり、町の柔道大会では体格も倍以上あった高校生を破って優勝したそうです。

20131227k0000m050058000p_size5.jpg



相撲取りの方で、比較的早く亡くなる場合がときどき見受けられます。 やはり、若い時代に特殊な体を作りあげるなど無理があるのかもしれません。


しかも、私が子供のころは、北の湖さんは圧倒的な強さをほこっていました。


人生の初期に大偉業を立ててしまうと、いわゆる太く短くというように短命になりやすいのかもしれません。



それでは、ご冥福をお祈りいたします。
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

フランスのパリで、同時多発テロが発生しました [事件]

11月13日にフランスのパリとサン=ドニにおいて、銃撃戦と爆発が同時多発的に発生し、少なくとも129人が死亡するという悲惨なテロ事件が発生しました。


概要としては、


現地時間(CET)2015年11月13日午後9時ごろ、パリ郊外サン=ドニの多目的スタジアム「スタッド・ド・フランス」で男子サッカーの国際親善試合・フランス対ドイツ戦が行われており、フランスのオランド大統領・ドイツのシュタインマイアー外務大臣も観戦していました。

この試合会場の入り口付近や近隣のファストフード店で爆弾とみられる爆発音が3回響き、容疑者とみられる人物が自爆テロにより4人死亡、1人が巻き込まれて死亡しました。


その後、午後9時30分ころより、パリ中心部である10区と11区の料理店やバーなど4か所の飲食店で発砲し、多くの死者が出ました。

犯人らはアメリカのロックバンドのイーグルス・オブ・デス・メタルのコンサートが行われていた「バタクラン劇場」を襲撃して、劇場で観客に向けて銃を乱射した後、観客を人質として立てこもりました。


14日未明にフランス国家警察の特殊部隊が突入し、犯人のうち3人を射殺、2人が自爆により死亡したが、89人が死亡、多数の負傷者が出ました。

20151114k0000e030158000p_size8.jpg
 

今回発生したテロも、IS系のイスラム過激派の仕業であるようです。


フランス国内中心の、なんの罪もないものと思われる人々を無作為に殺害するのはやめてもらいたいです。


人によっては、イスラム教とはああいう過激なことをやる宗教だと考えてしまうでしょうね。


特に、フランス国内の真面目にやっているイスラム教徒の方々が偏見にさらされてしまうことは、本当によくないことだと思います。
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ロシア航空機の墜落は、IS(イスラム国)によるテロだという説があります [事件]

10月31日にエジプト東部シナイ半島の山岳地帯で、ロシアのサンクトペテルブルクに向かっていたロシア航空機が墜落し、搭乗していた乗員乗客224人は全員死亡しました。


同機は事故前に急に時速300キロ以上減速し、高度を1500メートル以上下げたことが判明し、機体の破片が長さ約8キロ幅約4キロに飛び散っており、高高度で空中分解したとの調査報告が発表されました。

photo_6.jpg

墜落後間もなく、「イスラム国(IS)」のエジプト関連組織「イスラム国シナイ州」が犯行声明を発表し、ロシアがシリアのシーア派系のアサド政権支援のため内戦に介入した報復として、同機を墜落させたと犯行を名乗り出ている。



さまざまな調査や犯行声明などから、この事故は過激派組織「イスラム国」(IS)の分派「シナイ州」が爆発物を機内に持ち込んで爆破させたテロであることが濃厚になりました。



ISが各地の分派組織を使った国際テロに本格的に乗り出したのではないかと警戒を呼んでいます。


もしこれが本当なら、


IS がロシアを憎んでるといって、その国の政治や宗教とあまり関係ない庶民を大量に殺すようなことはやめてもらいたいものです。


IS の過激な行動には賛成できません。



政治や宗教のくい違いには、理想的には「対話」を通じて行動してほしいと思います。 

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

巨大小惑星が、ハロウィンの日に最接近したようです [科学]

巨大な小惑星が地球に向かって高速で飛来し、ハロウィンの31日に地球の近くを通過したようです。


米航空宇宙局(NASA)によると、サッカー場程の大きさの小惑星「2015 TB145」は、時速12万6000キロという「異常に高い」速度で移動していて、天文学専門サイト「アース・アンド・スカイ(Earth and Sky)」には、初期の試算で直径約470メートルと掲載されました。


小惑星「2015 TB145」は、2027年までに地球に接近することが判明している天体の中で最大級となるとNASAは予想していました。


大きさの試算が正しければ、この新発見の小惑星は、2013年2月にロシア上空の大気圏に突入したチェリャビンスク(Chelyabinsk)隕石(いんせき)の28倍の大きさを持つことになる」とアース・アンド・スカイは指摘しました。


接近するといっても、約50万キロという、安全が十分に保たれる距離で地球のそばを通過することであり、この距離は地球と月の間の距離の1.3倍に相当します。

 
今では過去ごとですが、最接近した時間は米東部時間10月31日午前11時14分(日本時間11月1日午前0時14分)です。

001ec949fb1b16c3da5a46.jpg




中生代から新生代にはいる頃、すなわち約6500万年前に恐竜が絶滅しました。


この原因という説に、隕石説があります。 つまり、直径約10㎞くらいの大きさの隕石が地球に衝突して気候が変化して、恐竜がその気候に順応できなかったというものです。


今回の小惑星はその隕石に比べれば、はるかに小さいですが、もし衝突したら人類に大きな影響を与えていたでしょう。


将来、地球全体に影響するような隕石衝突が予知できるならば、そのときの科学力をもって事前爆破など対応できるでしょうね。

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。