So-net無料ブログ作成
検索選択

中国の天津で大爆発が発生し、その原因とは [事件]

2015年8月12日深夜、中国の天津市の浜海新区で、死者・不明者200人以上、負傷者700人を超える大爆発が起きました。


天津港の埠頭に近い化学薬品倉庫で火災が発生、消防隊が消火活動にあたっていたところ、火柱とキノコ雲が立ち上るような大爆発が2分間の間に4回起き、その爆風は3キロ離れたマンションの窓や壁もぶち抜きました。


現場の倉庫には保管許可量24トンを30倍近く上回るシアン化ナトリウム700トンほか、硝酸アンモニウム800トン、硝酸ナトリウム500トンといった危険化学薬物が3000トン以上保管されていたようです。


爆発後は周辺の水中のシアン化ナトリウム濃度は基準値の277倍となり、爆心地から6キロも離れた河の水面は死んだ魚に埋め尽くされたようです。

c63e5c5ef2c998ab7bf5a86c32650043_XL.jpg


天津の爆発事故、危険物質と知らず放水


当局の発表によると、倉庫近くで自動車が燃えているとの通報を受けて消防隊が現場に到着したのは12日午後11時ごろ。ある消防隊員は「水をかけてはいけない危険物質があるとは知らなかった。現場で用いたのはすべて水だった」と中国メディアに語った。

別の消防隊員は「最初(燃えていたの)はコンテナだった。10分ほど水をかけるとバリバリという音がして光り出し、爆発した」とする。約30分の放水作業の後、大きな爆発が2回起きたという。



消火といえば水をひたすらかけることが基本ですが、今回は水と反応してしまう化学薬品類であっことが、この大爆発を引き起こす悲劇につながりました。


やはり、このような危険物を置いておくとなれば、多数の人を投入して監視コントロールシステムで24時間体制で監視することが大切なのではと思いました。


また、最初の火種の原因は明確になってないようですが、中国政府の政治に対する不満がひきがねという説もあります。










nice!(37)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

TPPとは何か? そしてその参加国の一覧 [政治]

ちまたでよく聞くTPPとは、何でしょうか?


これは、環太平洋戦略的経済連携協定の略語で、シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4か国の経済連携協定として始まり、2006年5月に発効となったものです。

2006年1月1日に加盟国間の全ての関税の90%を撤廃。産品の貿易、原産地規則、貿易救済措置、衛生植物検疫措置、貿易の技術的障害、サービス貿易、知的財産、政府調達(国や自治体による公共事業や物品・サービスの購入など)、競争政策を含む、自由貿易協定の全ての主要な項目をカバーする包括的な協定となっています。

目的の一つは、「加盟国の戦略的提携によってマーケットにおけるプレゼンスを上げること」であります。


2013年2月23日、安倍首相は事実上のTPP参加を表明し、2013年3月15日にはTPP交渉への正式参加を表明するに至るが、2015年現在、いまだ妥結には至っておらず各方面で活発な議論が繰り返されている。


大きなメリットとして、関税の撤廃により貿易の自由化が進み日本製品の輸出額が増大することがありますが、米国などから安い農作物が流入し日本の農業に大きなダメージを与えるなどデメリットもあります。


2015年時点では、以下の加盟国・交渉国に日本を含めた12カ国で交渉を進めている。

img_tpp03.jpg
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/tpp2013.html

TPP加盟国
シンガポール
チリ
ニュージーランド
ブルネイ

TPP交渉国
アメリカ(米国)
オーストラリア(豪州)
ベトナム
ペルー
マレーシア
カナダ(2012年11月から参加)
メキシコ(2012年11月から参加)


中国、韓国およびインドネシアなどの国は、不参加となっています。



タグ:一覧 TPP 参加国
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース