So-net無料ブログ作成
検索選択

稀勢の里が、第72代横綱に昇進しました

スポンサーリンク




大相撲・田子ノ浦部屋の稀勢の里(30)=本名萩原寛、茨城県出身=の横綱昇進伝達式が1月25日、東京都内のホテルで開かれ、稀勢の里は口上で「謹んでお受けいたします。横綱の名に恥じぬよう精進いたします。本日はありがとうございます」と述べた。四字熟語は使わなかった。

日本相撲協会は大相撲春場所の番付編成会議と臨時理事会を開き、稀勢の里の横綱昇進を決定しました。


使者の春日野理事(元関脇栃乃和歌)と高田川審判委員(元関脇安芸乃島)を派遣し、午前9時半ごろから伝達式が行われた。

稀勢の里は、緊張した面持ちで式に臨み、口上ははっきりと大きな声で力強く述べた。

稀勢の里は22日に千秋楽を迎えた1月場所で、14勝1敗の成績を収め初優勝。これまでの安定感を高く評価され、23日に横綱審議委員会が全会一致で横綱に推薦していた。

横綱誕生は2014年の鶴竜以来3年ぶりで、日本出身力士としては、1998年の3代目若乃花以来19年ぶりになります。


新入幕から所要73場所での昇進は昭和以降で最も遅いようです。

7.jpg

ここのところ、横綱で一番優勝回数の多い白鵬をはじめ、モンゴル出身力士の活躍が多く、日本人力士はどうしたもんなのかと思っていました。

しばらく、横綱も白鵬、日馬富士、鶴竜と皆モンゴル勢でしたね。

稀勢の里も、今まで何度か優勝しそうなところで、後半の詰めが甘く優勝を逃していたところを見ていました。

いずれにしろ、日本人力士としては19年ぶりの横綱誕生、本当におめでとうございます。

稀勢の里も、これまで以上に強くなり、優勝を何度もとれる横綱に成長していって下さい。


スポンサーリンク



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。