So-net無料ブログ作成
検索選択

天皇の生前退位の問題点とは、どのようなものなのか [政治]

スポンサーリンク




 ここ最近、天皇陛下が皇太子さまに天皇位を譲る「生前退位」の意向を示されていることが、宮内庁関係者の話で明らかになっています。

同庁は近く天皇陛下の意向を公表することを検討中だが、現行の皇室典範は天皇の譲位を認めておらず、法律の改正が必要となる。

関係者によると、陛下は数年前から生前退位を要望され、同庁で内々に検討を進めていたという。

近世以前は天皇の生前退位が頻繁に行われていたが、明治時代に制定された旧皇室典範で不可能になった。戦後に制定された現皇室典範も同様に天皇の譲位を認めていない。


天皇が未成年の場合や重大な病気などで国事行為ができなくなったときは、皇室典範第16条で「皇室会議の議により、摂政を置く」とされている。摂政は天皇に代わって国事行為を行う。就任の順序は皇位継承順位とほぼ同じです。


現行法では天皇位を「譲る」場合、まず摂政を置くことが手順だが、生前に皇太子さまへの譲位をするためには国会で皇室典範を改正しなければならない。

生前退位は近代以降の天皇制の仕組みを変える重大な変更になるため、国民的な議論が必要となる。本来は国民の側からの発議で検討するのが筋だが、宮内庁が生前退位について発表を検討しているということは、天皇陛下の意向がかなり強いとみられる。


ところで、このような議論が長引いているのは、皇室典範を簡単に改正してしまうと、将来、元気なうちから天皇位をあっさり譲ってしまう人がでてきてしまうからではないでょうか。 79歳までは適用できず、80歳から認められるなど年齢制限をするといいかもしれませんね。

o0800041813698588473.jpg


私は、「天皇の生前退位」に関しては賛成したいと思います。

天皇と言えども人間だし、80歳を越えてくれば、持病のいくつかを抱えなかなか行動しずらくなるでしょう。

公務でいろいろな所に行かれ、規定の仕事をするのも、大変になってきていることだと思います。

会社だって定年もあるし、早くまだ若い皇太子に天皇の位を譲り、ゆっくりするべきです。


スポンサーリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。