So-net無料ブログ作成
検索選択

フランスのパリで、同時多発テロが発生しました [事件]

スポンサーリンク




11月13日にフランスのパリとサン=ドニにおいて、銃撃戦と爆発が同時多発的に発生し、少なくとも129人が死亡するという悲惨なテロ事件が発生しました。


概要としては、


現地時間(CET)2015年11月13日午後9時ごろ、パリ郊外サン=ドニの多目的スタジアム「スタッド・ド・フランス」で男子サッカーの国際親善試合・フランス対ドイツ戦が行われており、フランスのオランド大統領・ドイツのシュタインマイアー外務大臣も観戦していました。

この試合会場の入り口付近や近隣のファストフード店で爆弾とみられる爆発音が3回響き、容疑者とみられる人物が自爆テロにより4人死亡、1人が巻き込まれて死亡しました。


その後、午後9時30分ころより、パリ中心部である10区と11区の料理店やバーなど4か所の飲食店で発砲し、多くの死者が出ました。

犯人らはアメリカのロックバンドのイーグルス・オブ・デス・メタルのコンサートが行われていた「バタクラン劇場」を襲撃して、劇場で観客に向けて銃を乱射した後、観客を人質として立てこもりました。


14日未明にフランス国家警察の特殊部隊が突入し、犯人のうち3人を射殺、2人が自爆により死亡したが、89人が死亡、多数の負傷者が出ました。

20151114k0000e030158000p_size8.jpg
 

今回発生したテロも、IS系のイスラム過激派の仕業であるようです。


フランス国内中心の、なんの罪もないものと思われる人々を無作為に殺害するのはやめてもらいたいです。


人によっては、イスラム教とはああいう過激なことをやる宗教だと考えてしまうでしょうね。


特に、フランス国内の真面目にやっているイスラム教徒の方々が偏見にさらされてしまうことは、本当によくないことだと思います。


スポンサーリンク



nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。